山梨大学
リンク お問い合わせ アクセスマップ

麻しん(はしか)に関する緊急情報

2016年09月07日 緊急情報 全学

学生および教職員の皆様へ

 麻しん(はしか)に関する緊急情報

 保健管理センター

 本年8月より、国際空港やコンサート会場での麻しんの患者報告が相次いでいます。

 定期接種の対象で、まだワクチン接種を受けていない方は、出来るだけ早めに予防接種を受けてください。

 また、麻しんが、流行している国(http://www.who.int/immunization/monitoring_surveillance/burden/vpd/surveillance_type/active/measles_monthlydata/en/)に渡航する前には、必ず麻しん含有ワクチンの接種歴を確認し、未接種未罹患の場合は、ワクチン接種後に渡航するようにしてください。

  麻しんは、発熱、咳、鼻水、眼球結膜の充血から始まり、その後、口腔内の粘膜疹が出現し、一旦熱が下がりますが、再び高熱となり、全身の発疹へと広がります。1000人に1人は脳炎を合併し、死亡することもあります。非常に感染力が強く、空気、飛沫、接触感染で広がり、潜伏期間は約10~12日です。

  10~12日前に海外や人混みの多い場所に行った後、麻しんが、疑われる症状が出現した場合は、直接受診せず、必ず事前に医療機関に電話連絡のうえ、受診するようにしてください。

 不明な点は、保健管理センターまでお問い合わせください。

 

保健管理センター(甲 府)055-220-8081

保健管理センター(医学部)055-273-9312

 

参考)

国立感染症研究所(麻しんに関する緊急情報)http://www.nih.go.jp/niid/ja/id/655-disease-based/ma/measles/idsc/6709-20160825.html

 厚生労働省 健康・医療 麻しん・風しんhttp://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/kenkou/kekkaku-kansenshou/kekkaku-kansenshou21/index.html

熱中症にご注意ください

2016年07月11日 お知らせ緊急情報 全学

学生および教職員の皆さんへ

保健管理センター

【熱中症にご注意ください】

 文部科学省より熱中症事故等の防止について依頼がありました。暑くなり始めや身体が暑さに慣れていない時期に熱中症事故の発生がみられます。この時期から体調管理と早期の対策が必要です。

 

1.熱中症に関する詳しい情報は以下をご覧ください

1)環境省熱中症予防情報サイト  http://www.wbgt.env.go.jp/

2)日本気象協会tenki.jp 熱中症指数

(各地の熱中症危険度が指数として毎日更新されています)

http://tenki.jp/indexes/heat_syndrome/

http://tenki.jp/indexes/heat_syndrome/pref-22.html(山梨県内の熱中症指数)

3)山梨県 熱中症に注意しましょう

http://www.pref.yamanashi.jp/kenko-zsn/kenkozukuri/h2510nechusyou.html

4)独立行政法人日本スポーツ振興センター教材カード(熱中症編)http://www.jpnsport.go.jp/anzen/Portals/0/anzen/kenko/pdf/JSCcautioncard01.pdf

 

2.学内での熱中症の予防

・暑さを避ける

1)   扇風機やエアコン等での温度調節

2)   透湿性、通気性のよい服装

3)   冷却グッズ等の使用

4)   屋外での帽子着用、日陰の利用

・こまめに水分・塩分補給

・のどがかわく前に定期的(20~30分ごと)に飲む

・休憩時間にしっかり休む

・睡眠不足、体調不良、前日の飲酒、朝食の未摂取、発熱、下痢等に注意

3.熱中症の症状

・倦怠感・虚脱感 ・手足のしびれ ・気分不快

・体が熱い  ・赤い・熱い・乾いた皮膚(汗をかかない、触るととても熱い)

・頭痛、めまい、吐き気

・意識の障害、けいれん

(応答が異常である、呼びかけに反応がないなど)

4.熱中症を疑った時の対応

①涼しい環境への避難

 エアコンの効いている室内や日陰など涼しい場所へ

②脱衣と冷却

 衣服をゆるめ、ぬれタオル等で身体を冷やす (特に首、脇の下、足の付根)

③水分・塩分の補給(経口補水液の摂取)

自分で水分補給ができない場合や以上の対応で改善しない場合は

④保健管理センターまたは医療機関への搬送

 

 

問い合わせ先 保健管理センター

甲 府:055-220-8081

医学部:055-273-9312

 

インフルエンザの予防と出席停止について(第2報)

2016年01月22日 緊急情報 全学

学生および教職員のみなさまへ

 インフルエンザの予防と出席停止について(第2報)

 保健管理センター

 1月に入り、インフルエンザの罹患者数が増加しています。手洗いや湿度の調整、マスクの着用等でインフルエンザ予防に心がけてください。また、体調に変化があった場合には、早めに休養し、受診等の対応をしてください。指導教員の先生方におかれましても学生への配慮をお願いします。なお、インフルエンザに感染した場合は出席停止となります。下記の要領で手続きをしてください。

出席停止と登校に関して :

1)インフルエンザの出席停止期間は「発症後5日を経過し、かつ解熱後2日を経過するまで」です。

2)必ず出席しなければならない実習や試験等がある場合には、あらかじめ担当教員にご自分で直接連絡し、指示を受けてください。その他の講義については、治癒後の事後報告となります。

3)登校する際には、保健管理センターホームページ「出席停止について」欄より「登校許可証明書」を出力し、診断された医療機関で「登校許可証明書」を記入してもらってください。

4)登校時には、「登校許可証明書」を担当部署に提出してください。(担当部署 甲府キャンパス在籍者:保健管理センター  医学部在籍者:医学域学務課)

  *詳細な手続きや「登校許可証明書」のダウンロードは、山梨大学保健管理センターホームページ「出席停止について」をご覧ください。https://health.yamanashi.ac.jp/syusseki

 

(参考) 厚生労働省 平成27年度 今冬のインフルエンザ総合対策について   http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/influenza/index.html

 

インフルエンザの予防と出席停止について

2015年12月04日 緊急情報 全学

学生および教職員のみなさまへ

 インフルエンザの予防と出席停止について

 保健管理センター

 

 12月に入り、インフルエンザの罹患者が発生しています。体調管理には、充分注意し、手洗いや湿度の調整、マスクの着用等でインフルエンザ予防に心がけてください。また、体調に変化があった場合には、早めに休養し、受診等の対応をしてください。指導教員の先生方におかれましても学生への配慮をお願いします。

 なお、インフルエンザに感染した場合は出席停止となります。下記の要領で手続きをしてください(本年12月より事務手続きが変更になりました)。

 

出席停止と登校に関して :

1)インフルエンザの出席停止期間は「発症後5日を経過し、かつ解熱後2日を経過するまで」です。

2)必ず出席しなければならない実習や試験等がある場合には、あらかじめ担当教員にご自分で直接連絡し、指示を受けてください。その他の講義については、治癒後の事後報告となります。

3)登校する際には、保健管理センターHPより「登校許可証明書」を出力し、診断された医療機関で「登校許可証明書」を記入してもらってください。

4)登校時には、「登校許可証明書」を担当部署に提出してください。(担当部署 甲府キャンパス在籍者:保健管理センター  医学部在籍者:医学域学務課)

  *詳細な手続きや「登校許可証明書」のダウンロードは、山梨大学保健管理センターホームページをご覧ください。

https://health.yamanashi.ac.jp/syusseki

 

(参考) 厚生労働省 平成27年度 今冬のインフルエンザ総合対策について

http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/influenza/index.html

感染性胃腸炎の流行に伴うノロウイルスの感染予防について

2015年11月20日 緊急情報 全学

教職員および学生のみなさんへ

 

保健管理センター

 

感染性胃腸炎の流行に伴うノロウイルスの感染予防について

 文部科学省および山梨県中北保健所より感染性胃腸炎の流行に伴うノロウイルスの感染予防対策の啓発について通知がありました。今年は、今までに検出されていない遺伝子型(GⅡ.17)の流行拡大が懸念されています。流行拡大を防ぐため、下記のことに注意してください。

 

1.ノロウイルスとは

  ノロウイルスは手指や食品などを介して、経口感染し、ヒトの腸管で増殖し、おう吐、下痢、腹痛などを起こします。 症状は2~3日程度でおさまりますが、1~2週間は便にウイルスが残っている場合もあります。

  ノロウイルスは、感染力が非常に強くごく少量のウイルス量でも感染します。ワクチンがなく、また、治療は輸液などの対症療法に限られます。

 

2.感染予防について

 1)手洗いを徹底しましょう。帰宅時、調理を行う前、食事の前、トイレに行った後には必ず行いましょう。

 2)調理の際は、中心部までしっかり加熱(85℃~90℃で90秒以上)して食べましょう。

 3)嘔吐物処理にはビニール手袋、マスクを着用し、消毒はアルコールでは不十分なので、次亜塩素酸ナトリウム(500ccの水にペットボトルキャップ2杯の台所用塩素系漂白剤の濃度)を使用してください。

 4)胃腸炎が疑われる場合は、保健管理センターまでご連絡いただくか、医療機関を受診してください。

                      甲 府キャンパス   055-220-8081

                      医学部キャンパス   055-273-9312

(参考)

厚生労働省(ノロウイルスに関するQ&A)

http://www.mhlw.go.jp/topics/syokuchu/kanren/yobou/040204-1.html

山梨県(ノロウイルス関連情報)

http://www.pref.yamanashi.jp/kenko-zsn/75970716572.html

インフルエンザ予防について

2015年11月12日 緊急情報 全学

教職員および学生のみなさんへ

 保健管理センター

インフルエンザ予防について

 厚生労働省からの連絡を受けて、文部科学省より今冬の学校におけるインフルエンザ総合対策の推進についての連絡がありました。インフルエンザの予防には皆さんの「かからない」「うつさない」という気持ちがとても大切です。

 また、インフルエンザワクチンは、発症をある程度抑える効果や重症化を予防する効果がありますので、接種可能な方は、予防接種をお勧めします。  

 下記を参考にインフルエンザの予防に心がけてください。

 

 1.手洗いを励行しましょう。

 2.流行時は人混みをさけるようにしましょう。

 3.室内の換気や湿度の調節をしましょう。

 4.十分な栄養と休養をとり体調を良好にしましょう。

 5.必要に応じマスクを着用しましょう。

*インフルエンザに感染した場合は、出席停止の措置がとられます。「発症後5日を経過し、かつ解熱後2日を経過するまで」となっています。

出席停止の手続・取扱いに関する詳細については、本学保健管理センターホームページの出席停止欄をご覧下さい。https://health.yamanashi.ac.jp/syusseki

 <参考>

厚生労働省 平成27年度 今冬のインフルエンザ総合対策について

http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/influenza/index.html

 

             問い合わせ先

                  保健管理センター(甲  府)055-220-8081

                  保健管理センター(医学部)055-273-9312

 

大学祭に向けて:虫刺されに関する注意喚起

2015年10月22日 緊急情報 全学

教職員および学生のみなさんへ

 大学祭に向けて:虫刺されに関する注意喚起

山梨大学保健管理センター

 

 例年、大学祭の仮装パレード時は、肌を露出することが多く、虫刺されにて保健管理センターで処置をするケースが多くみられます。特に秋はスズメバチやブユの活動期でもありますので、ブユ、ハチ、マダニ等の虫刺されには十分ご注意ください。 

1)予防について

 大学構内においても草木が多い場所では、虫よけスプレー剤等を使用してください。

 

2)治療について

① 蚊やブユ等で軽症であれば市販のかゆみ止め外用薬でもよいですが、赤みやかゆみが強い場合やハチ、毛虫、マダニに刺された場合は保健管理センターまたは皮膚科等の医療機関を受診してください。

 

② マダニは、口器を突き刺し、長時間(数日から10日間以上)吸血します。無理に引き抜かずに皮膚科で処置をしてもらってください。また、ウイルスを持っているマダニに咬まれると、重症熱性血小板減少症候群という重篤な疾患にかかる場合があります。数週間程度は体調の変化に注意し、発熱等の症状が認められた場合は医療機関で診察を受けてください。

 

   参考

  1. 厚生労働省 ダニ媒介性の重症熱性血小板減少症候群(SFTS)に関するQ&Ahttp://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou19/sfts_qa.html

問い合わせ先 保健管理センター    

甲 府:055-220-8081

医学部:055-273-9312

虫刺されにご注意ください

2015年06月25日 緊急情報 全学

教職員および学生のみなさんへ

 

虫刺されにご注意ください

山梨大学保健管理センター

 

 最近、学内において、虫刺されにて、保健管理センターで処置をするケースが多くみられます。蚊、ブユ、ハチ、毛虫、マダニ等の虫刺されには十分ご注意ください。

 

 

1.予防について

1)大学構内においても草木が多い場所では、虫よけスプレー剤等を使用してください。また校外での草木の多い場所の活動や農場等での実習の際には長袖、長ズボンの着用、虫よけスプレー剤等の使用にて、屋内外で虫に刺されないように注意してください。

2)蚊においては、幼虫の発生源(下水溝、廃タイヤや水桶の水)を作らないようにしてください。 

2.治療について

1)蚊やブユ等で軽症であれば市販のかゆみ止め外用薬でもよいですが、赤みやかゆみが強い場合やハチ、毛虫、マダニに刺された場合は保健管理センターまたは皮膚科等の医療機関を受診してください。

 

2)マダニは、口器を突き刺し、長時間(数日から10日間以上)吸血します。無理に引き抜かずに皮膚科で処置をしてもらってください。また、ウイルスを持っているマダニに咬まれると、重症熱性血小板減少症候群という重篤な疾患にかかる場合があります。数週間程度は体調の変化に注意し、発熱等の症状が認められた場合は医療機関で診察を受けてください。

 

   参考

  1. 厚生労働省 ダニ媒介性の重症熱性血小板減少症候群(SFTS)に関するQ&A問い合わせ先
  2. http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou19/sfts_qa.html

保健管理センター   

甲 府:055-220-8081

医学部:055-273-9312

MERS(中東呼吸器症候群)について

2015年06月15日 緊急情報 全学

学生および教職員の皆様へ

 

保健管理センター

 

MERS(中東呼吸器症候群)について

 

 韓国で中東呼吸器症候群(MERS; Middle east respiratory syndrome)の流行が拡大しています。以下を参考に、正しい知識に基づいた冷静な対応をお願いします。

 

  1. MERS は、コロナウイルスによる急性呼吸器症候群です。
  2. 症状は、発熱、咳から始まり、急速な肺炎症状を発症し、下痢や腎不全を伴う場合もあります。症状が悪化して死亡する割合は、約40%とされています。
  3. 潜伏期間は2~14日(中央値は5日程度)で、咳やくしゃみなどの飛沫物や接触により感染すると考えられています。
  4. ワクチンや特別な治療法はありません。
  5. 韓国から帰国・入国された方は、健康状態に留意し、マスクの着用や人混みを避けるなどしてください。また発熱、呼吸器症状が発症した場合は、最寄りの保健所または、保健管理センターへご連絡ください。
  6. 感染発生地域への旅行は制限されていませんが、旅行する際には以下のことに注意してください。
    1. 渡航前に現地の最新の情報を検疫所ホームページ、外務省 海外安全ホームページ、在外日本国大使館ホームページなどで確認してください。
    2. 手洗いを励行してください。
    3. 咳やくしゃみのある人やラクダとの接触は避けてください。
    4. 帰国後14日以内に発熱や咳などの症状が出た場合は、最寄りの保健所又は保健管理センターへご連絡ください。

<参考>

厚生労働省 中東呼吸器症候群(MERS)に関するQ&A

http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou19/mers_qa.html

中東に渡航する方へ <中東呼吸器症候群に関する注意>

http://www.forth.go.jp/news/2015/02021049.html

外務省海外安全ホームページ

http://www.anzen.mofa.go.jp/index.html

国立感染症研究所 中東呼吸器症候群(MERS)のリスクアセスメント

http://www.nih.go.jp/niid/ja/id/2186-disease-based/alphabet/hcov-emc/idsc/5703-mers-riskassessment-20150604.html

 

連 絡 先                            

1)中北保健所地域保健課   055-237-1403または1420  

2)山梨大学保健管理センター  甲 府:055-220-8081  

医学部:055-273-9312  

熱中症にご注意ください

2015年06月02日 緊急情報 全学

学生および教職員の皆さんへ

保健管理センター

【熱中症にご注意ください】

 

 文部科学省より熱中症事故等の防止について依頼がありました。暑くなり始めや身体が暑さに慣れていない時期に熱中症事故の発生がみられます。この時期から体調管理と早期の対策が必要です。

 

1.熱中症に関する詳しい情報は以下をご覧ください

1)環境省熱中症予防情報サイト  http://www.wbgt.env.go.jp/

2)日本気象協会tenki.jp 熱中症指数

(各地の熱中症危険度が指数として毎日更新されています)

http://tenki.jp/indexes/heat_syndrome/

http://tenki.jp/indexes/heat_syndrome/pref-22.html(山梨県内の熱中症指数)

3)山梨県 熱中症に注意しましょう

http://www.pref.yamanashi.jp/kenko-zsn/kenkozukuri/h2510nechusyou.html

2.学内での熱中症の予防

・暑さを避ける

1)   扇風機やエアコン等での温度調節

2)   透湿性、通気性のよい服装

3)   冷却グッズ等の使用

4)   屋外での帽子着用、日陰の利用

・こまめに水分・塩分補給

のどがかわく前に定期的(20~30分ごと)に飲む

・休憩時間にしっかり休む

・睡眠不足、体調不良、前日の飲酒、朝食の未摂取、発熱、下痢等に注意

 

3.熱中症の症状

・倦怠感・虚脱感 ・手足のしびれ ・気分不快

・体が熱い  ・赤い・熱い・乾いた皮膚(汗をかかない、触るととても熱い)

・頭痛、めまい、吐き気

・意識の障害、けいれん

(応答が異常である、呼びかけに反応がないなど)

 

4.熱中症を疑った時の対応

①涼しい環境への避難

 エアコンの効いている室内や日陰など涼しい場所へ

②脱衣と冷却

 衣服をゆるめ、ぬれタオル等で身体を冷やす (特に首、脇の下、足の付根)

③水分・塩分の補給

自分で水分補給ができない場合や以上の対応で改善しない場合は

④保健管理センターへ相談または医療機関への搬送

 

 

問い合わせ先      

保健管理センター

甲府:055-220-8081

医学部:055-273-9312

2 / 3123