山梨大学
リンク お問い合わせ アクセスマップ

高病原性鳥インフルエンザに関する注意喚起

2020年11月04日 お知らせ 全学

学生および教職員の皆様へ

 

保健管理センター

高病原性鳥インフルエンザに関する注意喚起

 10月24日に北海道紋別市において採取された野鳥の糞便から高病原性鳥インフルエンザウイルス(H5N8亜型)が検出されたことから、令和2年10月30日、環境省は同ウイルスへの対応をレベル2に引き上げました。

 高病原性鳥インフルエンザウイルスに対する一般的な注意事項については、添付資料をご一読ください。

 人が鳥インフルエンザに感染する可能性はきわめて低く、鳥インフルエンザに感染した鶏肉や鶏卵を食べても、人に感染することはないとされています。しかし、死んだ野鳥などを発見した場合には、手で触らないでください。また、野鳥や野鳥などの排泄物等に触れた場合には、 手洗いとうがいをしてください。

 医学部キャンパス周辺に多く生息するムクドリは、過去の感染報告が少ないため、現時点では検査優先種に指定されていません。

【事務連絡】高病原性鳥インフルエンザに関する対策等について

 参 考:

環境省 高病原性鳥インフルエンザに関する情報http://www.env.go.jp/nature/dobutsu/bird_flu/index.html                           

 

問い合わせ: 保健管理センター

甲 府:055-220-8081

医学部:055-273-9312