山梨大学
リンク お問い合わせ アクセスマップ

熱中症にご注意ください

2020年06月08日 緊急情報 全学

学生および教職員の皆さんへ

 

保健管理センター

 

熱中症にご注意ください

 

 暑くなり始めや身体が暑さに慣れていない時期に熱中症事故の発生がみられます。この時期から体調管理と早期の対策が必要です。

 

【熱中症と新型コロナウイルス感染症対策】

  1. 気温や湿度が高い中でマスクを着用すると、熱中症のリスクが高くなります。屋外で人と十分な距離(少なくとも2m以上)が確保できる場合には、マスクをはずすようにしましょう。
  2. マスクを着用している場合には、強い負荷の作業や運動は避け、のどが渇いていなくてもこまめに水分補給を心掛けましょう。また、周囲の人との距離を十分にとれる場所では、適宜、マスクをはずして休憩しましょう。
  3. 新型コロナウイルス感染症予防のために、冷房時でも換気扇や窓開放によって適宜、換気をしましょう。この場合、室内温度が高くなるので、熱中症予防のためにエアコンの温度設定をこまめに調整しましょう。
  4. 日頃の体温測定や健康観察は、新型コロナウイルス感染症だけでなく、熱中症を予防する上でも重要です。体調が悪い時は、無理せず自宅で休養するようにしましょう。

【熱中症予防】

    1.暑さを避ける

      ・扇風機やエアコン等での温度調節

      ・透湿性、通気性のよい服装

      ・冷却グッズ等の使用

      ・屋外での帽子着用、日陰の利用

    2.こまめに水分・塩分補給

      のどがかわく前に定期的(20~30分ごと)に飲む

    3.休憩時間にしっかり休む

    4.睡眠不足、体調不良、前日の飲酒、朝食の未摂取、発熱、下痢等に注意

 

【熱中症の症状】

・倦怠感・虚脱感 ・手足のしびれ ・気分不快

・体が熱い  ・赤い ・熱い ・乾いた皮膚(汗をかかない、触るととても熱い)

・頭痛、めまい、吐き気

・意識の障害、けいれん(応答が異常である、呼びかけに反応がないなど)

 

【熱中症を疑ったときの対応】

  1.涼しい環境への避難

    エアコンの効いている室内や日陰など涼しい場所へ

    2.脱衣と冷却

    衣服をゆるめ、ぬれタオル等で身体を冷やす (特に首、脇の下、足の付根)

    3.水分・塩分の補給(経口補水液の摂取)

          *自分で水分補給ができない場合や以上の対応で改善しない場合は

           保健管理センターまたは医療機関への搬送

 

 参考)

・環境省 熱中症予防情報サイト  http://www.wbgt.env.go.jp/

・厚生労働省 熱中症関連情報

 https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/kenkou/nettyuu/index.html

・山梨県 熱中症に注意しましょう

 http://www.pref.yamanashi.jp/kenko-zsn/kenkozukuri/h2510nechusyou.html

・環境省 厚生労働省 令和2年度の熱中症予防行動リーフレット https://www.wbgt.env.go.jp/pdf/20200526_leaflet.pdf

 

 

問い合わせ先 保健管理センター

甲 府:055-220-8081

医学部:055-273-9312