山梨大学
リンク お問い合わせ アクセスマップ

流行性角結膜炎(はやり目)について(注意喚起)

2019年10月21日 緊急情報 全学

学生および教職員の皆さまへ
                                        保健管理センター

                                 流行性角結膜炎(はやり目)について(注意喚起)

10月21日、甲府キャンパスにおいて流行性角結膜炎罹患者の発生報告がありました。

下記のことに注意してください。

1.流行性角結膜炎は、接触感染で感染するウイルス感染症です。潜伏期間は8日~14日で
 症状は、目の充血や目やに、かゆみ、目の刺激感等です。
 治るまでに、通常では結膜炎は約1~3週間程度です。
 片目を発症した後に、もう片方の目にも発症することもあります。

2.手洗いの励行をし、目をこすったり顔を触ったりしないでください。
 タオル類、眼鏡、目薬などの共有はしないでください。

 ドアノブや手すりなどはこまめに消毒してください。

3.流行性角結膜炎様の症状(目の充血・目やに等)が出た場合は、速やかに医療機関(眼科)   

を受診してください。

4.流行性角結膜炎は、学校保健安全法に基づき、「症状により学校医その他の医師において
 感染のおそれがないと認めるまで」出席停止となります。
 登校可能な状態になる頃に、診断された医療機関にて証明書を記入してもらい、
 保健管理センターに提出してください。
 フォーマットは保健管理センターホームページ(出席停止いついて)https://health.yamanashi.ac.jp/syussekiをご覧ください。

                  問い合わせ先              
                   保健管理センター甲 府  055-220-8081
                   保健管理センター医学部  055-273-9312