山梨大学
リンク お問い合わせ アクセスマップ

麻しん(はしか)に関する注意喚起

2019年06月12日 緊急情報 全学

学生および教職員の皆様へ

 

保健管理センター

 

麻しん(はしか)に関する注意喚起

  2019年6月6日に文部科学省より「麻しんに関する特定感染症予防指針の一部改正について」の通知がありました。麻しん患者数は、2019年5月現在、大阪府や東京都、三重県を中心に急増しており、感染拡大が懸念されています。

 医学部キャンパスにおいては、すでに感染制御部の基準にて、皆様には予防接種が実施されておりますが、甲府キャンパスの皆様におかれましても、下記のとおり留意してください。

 

  1.  教育機関における子ども、医療機関における患者、妊婦などを麻しんから守るためには、皆様が麻しんにかからないようにする事が重要です。
  2. 麻しんにかかったことがあるかと予防接種歴について、ご自身の母子手帳を確認してください。

    3.  麻しんにかかったことがなく、予防接種を2回接種していない場合は、近隣の医療機関にて麻しんの予防接種を実施することを推奨します。

    4.予防接種可能な医療機関やその他について、ご不明な点は、保健管理センターまでお問い合わせください。

 

*麻しんは、非常に強い感染力で、空気感染、飛沫感染、接触感染で、感染します。免疫を持っていない人が感染するとほぼ100%発症します。特別な治療法はありませんが、ワクチン接種で予防できます。

  感染すると約10日後に発熱や咳、鼻水といった風邪のような症状が現れ、2~3日熱が続いた後、39℃以上の高熱と発疹が出ます。肺炎、中耳炎を合併しやすい感染症です。

 

参考1:麻しんについて

https://www.mhlw.go.jp/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/kenkou/kekkaku-kansenshou/measles/index.html

参考2:改正後の指針全文

https://www.mhlw.go.jp/content/000503060.pdf

参考3:学校における麻しん対策ガイドライン第二版(平成30 年2月作成)

https://www.niid.go.jp/niid/ja/id/655-diseasebased/ma/measles/idsc/555-measles-guidlines.html

 

 

           問い合わせ先 保健管理センター(甲 府)055-220-8081

保健管理センター(医学部)055-273-9312