山梨大学
リンク お問い合わせ アクセスマップ

流行性耳下腺炎(おたふくかぜ)について(注意喚起)

2018年07月12日 緊急情報 全学

学生および教職員の皆さんへ

 

                                                         保健管理センター

 

      流行性耳下腺炎(おたふくかぜ)について(注意喚起)

 

  7月11日に甲府キャンパスにおいて流行性耳下腺炎疑い罹患者の発生報告がありました。下記のことに注意してください。

 

1.流行性耳下腺炎は、飛沫感染、接触感染で感染する感染症です。潜伏期間は約2~3週間で高熱や耳下腺が腫れる等の症状を認め、通常1~2週間で軽快しますが、まれに髄膜炎などの合併症を起こす可能性もあります。

2.流行性耳下腺炎様の症状(発熱、耳下腺の腫れ等)が出た場合は、速やかに医療機関を受診してください。

3.手洗いの励行と必要に応じてマスクの着用をしてください。

4.流行性耳下腺炎罹患者との接触があった方が、幼少時に罹患している場合やワクチン接種をしている場合であっても、感染する可能性があります。罹患歴やワクチン歴に関わらず、予防に努めてください。

5.流行性耳下腺炎は、学校保健安全法に基づき、「耳下腺、顎下腺又は舌下線の腫脹が発現した後5日を経過し、かつ全身状態が良好になるまで」出席停止です。登校可能な状態になる頃に、診断された医療機関にて証明書を記入してもらい、保健管理センターに提出してください。

 フォーマットは保健管理センターホームページ出席停止についてをご覧ください。

6.慢性疾患のある方や妊娠の可能性がある方で濃厚接触し、感染の可能性がある方は、主治医にご相談ください。

 

問い合わせ先 

保健管理センター甲 府  055-220-8081                    

保健管理センター医学部  055-273-9312