山梨大学
リンク お問い合わせ アクセスマップ

出席停止について

次の感染症は、学校保健安全法第19条により出席停止となります。

1.出席停止期間を守り、主治医の指示に従って自宅療養してください。

2.必ず出席しなければならない実習や試験等がある場合には、あらかじめ担当教員にご自分で直接連絡し、指示を受けてください。その他の講義については、治癒後の事後報告となります。

3.登校する前には、診断された医療機関で「登校許可証明書(下記よりダウンロード)」を記入してもらってください。

4.登校時には、「登校許可証明書」を担当部署に提出してください。(担当部署 甲府キャンパス在籍者:保健管理センター  医学部キャンパス在籍者:医学域学務課)

5.担当部署で「登校許可証明書」に押印後、写しを渡しますので、出席停止となった講義数分、コピーを取り、各担当教員に提出してください。

※感染を防止するため、出席停止期間中は、友達との接触は避けてください。

学校において予防すべき感染症の種類

  病名
第1種 ○エボラ出血熱 ○クリミア・コンゴ出血 ○ペスト
○急性灰白随炎熱 ○マールブルグ病 ○コレラ
○細菌性赤痢 ○ジフテリア ○腸チフス
○パラチフス ○ラッサ熱 ○SARS
○鳥インフルエンザ(H5N1)  第1種:完全に治癒するまで  
第2種 ○インフルエンザ(鳥インフルエンザH5N1を除く):発症後5日を経過し、かつ解熱後2日を経過するまで ○百日咳:特有の咳が消えるまで、または5日間の適正な抗菌性物質製剤による治療完了まで ○麻疹:解熱後3日を経過するまで
○流行性耳下腺炎:耳下腺、顎下腺、舌下腺の腫脹が発現した後5日を経過し、かつ全身状態が良好になるまで ○風疹:発疹が消失するまで ○水痘:すべての発疹が痂皮化するまで
○咽頭結膜熱(プール熱):主要症状消失後2日を経過するまで ○結核:病状により感染の恐れがないと認められるまで  
第3種 ○腸管出血性大腸菌感染症 ○流行性角結膜炎 ○急性出血性結膜炎
○その他の伝染病  第3種:病状により学校医その他の医師において、感染の恐れがないと認められるまで