山梨大学
リンク お問い合わせ アクセスマップ

虫刺されにご注意ください

2015年06月25日 緊急情報 全学

教職員および学生のみなさんへ

 

虫刺されにご注意ください

山梨大学保健管理センター

 

 最近、学内において、虫刺されにて、保健管理センターで処置をするケースが多くみられます。蚊、ブユ、ハチ、毛虫、マダニ等の虫刺されには十分ご注意ください。

 

 

1.予防について

1)大学構内においても草木が多い場所では、虫よけスプレー剤等を使用してください。また校外での草木の多い場所の活動や農場等での実習の際には長袖、長ズボンの着用、虫よけスプレー剤等の使用にて、屋内外で虫に刺されないように注意してください。

2)蚊においては、幼虫の発生源(下水溝、廃タイヤや水桶の水)を作らないようにしてください。 

2.治療について

1)蚊やブユ等で軽症であれば市販のかゆみ止め外用薬でもよいですが、赤みやかゆみが強い場合やハチ、毛虫、マダニに刺された場合は保健管理センターまたは皮膚科等の医療機関を受診してください。

 

2)マダニは、口器を突き刺し、長時間(数日から10日間以上)吸血します。無理に引き抜かずに皮膚科で処置をしてもらってください。また、ウイルスを持っているマダニに咬まれると、重症熱性血小板減少症候群という重篤な疾患にかかる場合があります。数週間程度は体調の変化に注意し、発熱等の症状が認められた場合は医療機関で診察を受けてください。

 

   参考

  1. 厚生労働省 ダニ媒介性の重症熱性血小板減少症候群(SFTS)に関するQ&A問い合わせ先
  2. http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou19/sfts_qa.html

保健管理センター   

甲 府:055-220-8081

医学部:055-273-9312